すべては何でもないこと:マイクロ・パフを鍛造する

Sparks_k_0585_1600TCL

パタゴニアで働く私たちの場合、最高のアイデアはたいてい野外でひらめきます。でもときに単純な問題が複雑な解決策を生み出すきっかけとなる場合があります。インサレーションの開発はまさにその実例です。ダウンは濡れると熱を封じ込めるロフトを失い、化繊は温かさと軽さとコンパクトさにおいてダウンと同等のレベルに到達しません。私たちはダウンの加工から化繊のインサレーション、そして片寄りを防ぐためのさまざまなキルトパターンまで、あらゆる試みを実践してきましたが、そうした方法はそれぞれの弱点の解決には成功したものの、両方の優れた利点を最大にいかすまでには至りませんでした。

[ パタゴニア本社でプルマフィルの可能性を研究する素材開発者のクリスティン・アムシード。カリフォルニア州ベンチュラ Photo: Kyle Sparks ]

Sparks_k_0341_1500TCL
[ プルマフィルの螺旋状のフィラメント。 Photo: Kyle Sparks ]

その後2007年、パタゴニアの素材研究開発マネージャーは、核繊維がマイクロフィラメントによって螺旋状に包まれた、興味深い化繊インサレーションを見つけました。見た目も感触も機能性もダウンに類似し、しかもそれまでに試したどの化繊よりも重量に対する保温性に優れていました。それから7年間にわたってラボで徹底的な実験を繰り返したのち、私たちは「プルマフィル」と呼ばれるインサレーションにたどり着きました。これは非常にコンパクトに収納可能ながら、重量に対する保温性が他の主力の化繊インサレーションよりも40%優れているというものです。ウェアの使用可能期限における酷使を想定するパタゴニアの洗浄テスト「キラーウォッシュ」では、プルマフィルはロフトの損失がほぼ皆無であるという目覚ましい結果を示しました。それまでに私たちがテストや観察をしてきた化繊の大半は、洗濯後に劣化するか、もしくは片寄って冷域の原因となっていましたが、この新繊維はあらゆる酷使に耐えたのです。「3年前、ダウンを模倣する化繊インサレーションの市場調査を実施。その際、唯一パタゴニアの耐久性基準を満たしただけでなく、他の化繊インサレーションに勝ったのがプルマフィルでした」と、素材開発者のクリスティン・アムシードは語ります。

Sparks_k_0349_1500TCL
[ 初期の試作品を開発するシニア製品デザイナーのクリスチャン・レジスター。 Photo: Kyle Sparks ]

“いまここにあるのは、パタゴニアのデザイン精神を証明するジャケットです。1つの問題の解決に着手してから、10年におよぶ献身的な調整と精密な改良を経て、私たちは……快挙を成し遂げました。”

それでも、パタゴニアのデザイナーたちはこのインサレーションの使い方に行き詰りました。シェル素材の多くはインサレーションがロフトを最大限に発揮するのを妨げ、さらにシェルと組み合わせると、縫製のパターンによっては撚糸が絡み合ったり、ロフトが失われたりしました。パタゴニアのシニア製品デザイナーのクリスチャン・レジスターはその後さらに1年を費やし、インサレーションの撚糸1本1本を固定し、インサレーションの使用量を最小限に抑えながら、その重量に対して最高の保温性を維持する構造を開発。縦に重ねた断続的な縫い目のパターンによりインサレーションの片寄りを防ぎ、重量と冷域ができる可能性を削減しました。さらに開発チームは熱がジャケット内を滞りなく循環するよう、少ない数で大きめのパターンを考案。「このキルトパターンに発展していったのは、異なる幅で重さとロフトと耐久性をテストしている過程でした。まず最善のキルティングの寸法を特定し、それから必要最小限の糸だけを使って、ウェア内の空気の循環を維持する構造を編み出しました」と、レジスターは話します。それまでにパタゴニアが採用した最軽量の織り素材のシェルにこの構造を組み合わせ、ふたたびテストした結果得られた数値は驚くべきものでした。「それはパタゴニアのテスト基準を超える最軽量の素材で、生産も可能でした」と、アムシードは言います。マイクロ・パフ・ジャケットはパタゴニアのどのダウン製品よりも軽量で、その軽さに対して保温性に優れ、前例のないコンパクト性を誇ります。生地を最も効率よく使用する他のパタゴニア製品にならった型により、廃棄物となる端切れの発生も抑えています。

Sparks_k_0333_1500TCL
[ ラボで保温性のテストが施される試作品。 Photo: Kyle Sparks ]

社内での微調整と並行しながら、フィールドテストも繰り返しました。デザインを洗練するために試作品を作り、パタゴニアのアスリートたちにクライミング、ランニング、スキー、長期遠征計画を頼み、初期のモデルを徹底的に酷使してもらいました。テスターのほとんどがジャケットのインサレーションはダウンだと思い込み、化繊だと知ると非常に驚きました。「ラボのテストで特別な手応えは感じていましたが、試作品を作って実際にフィールドで試してみる必要がありました」と、レジスターは語ります。「いったんこのジャケットを手にすると、誰もが二度と手放したがりません」。その軽さに対する温かさへの反応も一致していました。「すぐに何かすごいものを作っていることに気づいた」と言うのは、クライミング・アンバサダーのケリー・コーデス。開発以来3年が経った現在も、マイクロ・パフ・ジャケットは数多くのテスターにとって最も使用頻度の多いアイテムです。

Schaefer_m_1823_1500TCL
[ フィールドでマイクロ・パフの保温性をテストするコリン・ヘイリー。アラスカ山脈 Photo: Mikey Schaefer ]

いまここにあるのは、パタゴニアのデザイン精神を証明するジャケットです。1つの問題の解決に着手してから、10年におよぶ献身的な調整と精密な改良を経て、私たちはキルティングのポイント数という細部にいたるまで、快挙を成し遂げました。「濡れてもロフトを維持しながら、可能なかぎり軽量で温かく丈夫な製品を作るということは、登山家たちが山を登りはじめた当初からの目標でした」と、レジスターは語ります。「最高のアイデアは、長い時間を要することもあるのです」

このストーリーの初出はパタゴニアの2018年Januaryカタログです。

ナノエアにまつわる話 

by 新谷暁生

IMG_3418

この原稿を新年早々クリーネストラインに出して良いものだろうか。謹賀新年。

私は長く知床でシーカヤックガイドをしている。最近は太平洋高気圧が弱く、低気圧が次々と知床半島近くを通る。気圧配置はまるで冬のようだ。そのせいかオホーツク海はいつも騒がしい。雨も多い。時にビー玉のような雨がふる。変わったのは海だけではない。カラフトマスの回遊が減り、イカもサンマも来なくなった。どこに行ってしまったのだろうか。

根室海峡にシャチが増えたという。岸近くを漕ぐ私たちがシャチを見ることはないが、何年か前にはサンマの群れを追って、モイレウシの入り江にシャチが押し寄せたと聞いた。このあたりでは以前にも、シャチの群れが流氷に閉じ込められて死んだ。私はペキンノ鼻というところで無数のイルカの群れを見たことがある。壮大な光景だった。最近、知床羅臼ではホェールウォッチングが注目を集めている。イルカやシャチ、クジラが見られるのは素晴らしいことだ。しかしその一方で何かが起こりはじめている気がする。この海を漕ぐと色々考える。カヤックとはそういう乗り物なのだろう。

【 焚き火の匂いが染みついたナノエア。 】

続きを読む "ナノエアにまつわる話 " »

大源太山西面:初滑降

by 島田和彦

2G9A2531

大源太山(標高1598m)は木材を指す方言「ゲンタ」から名付けられたとされ、南北方面から見ると鋭い槍のようなそれは「上越のマッターホルン」の異名をもち、谷川連峰のなかでも際立った個性だ。首都圏からのアクセスもいいので、これまで落とされていないのは不思議な話だが、主脈縦走路から離れて標高も低いので、魅力に欠けているのかもしれない。西方の湯沢方面からは甲斐駒ケ岳のようにどっしりとして見え、また違った雰囲気を漂わせている。その大源太山西面の山頂直下から流れ落ちるラインはふたつ。「サギノ首沢からヤスケ沢へとつなぎ大源太キャニオンへ抜けるライン」と「本谷から北沢、夏山登山道へとつなぐライン」。いつか狙おうとリストに入れていたラインだ。

【 大源太キャニオンから仰ぐ大源太山西面と滑降ライン。全写真:松岡祥子 】

続きを読む "大源太山西面:初滑降" »

森から潮へ:ハマハマ牡蠣

by マルコム・ジョンソン

Mornings_harvest

「私たちにとっては、潮が社長です」とワシントン州のピュージェット湾にある家族経営5代目の貝養殖場、ハマハマ・オイスターのアダム・ジェームスは語る。

「8月の終わりと9月、午前3時か4時に、ビーチで収穫します。太陽が昇ると一休みせずにはおれません。インスタグラムのなかったころを思い出させてくれます。ただその瞬間にとどまり、自分の幸運さに感謝する。最近ではこのような仕事を授かる人はあまりいません」

【 艀のデッキに朝の収穫を積むコーリー・ローガンとアダム・ジェームス。写真:Garrett Grove 】

続きを読む "森から潮へ:ハマハマ牡蠣" »

オーガニックを失った日

by デーヴ・チャップマン

Organic_advocates

フロリダ州ジャクソンビルで開かれた米国農務省の会議を振り返ると、憤りと嘆き、そしてこれからも前進をつづけなければならないという切迫感が消えない。この全米オーガニック基準委員会(NOSB)の会議は全米オーガニックプログラム(NOP)の歴史的転機であり、重要な分岐点だった。

「オーガニック哲学のすべては土壌の健康を築き上げることだ」

【 3世代のオーガニック提唱者たち:レディ・ムーン・ファームを運営する29歳のアナイ・ベダード、オーガニック農業に関する初の報告書執筆のため37年前に米国農務省に手を貸した78歳のパイオニアのエリオット・コールマン、長寿と健康の秘訣はオーガニック食品だと言う92歳のエミリー・デール。写真提供:Keep the Soil in Organic 】

続きを読む "オーガニックを失った日" »

古きはまた、新しき:ブリストル湾とペブルマイン

by スコット・ヘッド

Sockeye_salmon

さかのぼること2006年、パタゴニアはデンバーの直営店でフライフィッシング・リテイラー・ショーと連動し、ある社会的イベントを開催した。同イベントで同僚と私は参加者に、世界で最も多産なブリストル湾の野生サーモン漁場への脅威が浮上していることを告げた。その夕方、提案されているペブルマイン(露天掘り採掘鉱山)のストーリーを撮影することに興味があるという若い映画制作者と知り合った。パタゴニアは映画『レッド・ゴールド』(英語)の初期の重要な支持者だった(複数の賞を受賞したこのドキュメンタリーは、見たことがあるかないかに関わらず、観るべき)。この映画はブリストル湾の漁場から恩恵を受けるアラスカ先住民、商業漁業者、スポーツアングラーといった、異なるユーザーグループのストーリーを語るもので、リリースは2008年、ブリストル湾を保護するための長期的キャンペーンに全国の視聴者を参加させるのに役立った。もしかしたらこれを読んでいる皆さまのなかにも、この場所が特別なものであることをお役人に知らせるための何らかの行動を起こした方がいるかも知れない。

【 生まれ故郷のファネル・クリークの産卵床に帰ってきたソッカイ・サーモン。アラスカ州ブリストル湾。写真:Ben Knight 】

続きを読む "古きはまた、新しき:ブリストル湾とペブルマイン" »

ユタの砂漠より

by 横山勝丘(パタゴニア・クライミング・アンバサダー)

1

2017年11月1~4日までの4日間、ぼくはユタ州南東部のモアブ近郊で開かれたパタゴニア主催のプレスイベントに参加した。このイベントは、多くの文化的遺産や豊かな自然を有し、その中で遊ぶ機会を提供してくれるベアーズ・イヤーズ国定記念物が現在抱える問題を皆で共有し、その魅力を再認識してもらうという目的のもとに行われた。北米のクライミングやMTBをはじめとした、さまざまなアウトドア雑誌の編集者たちがおもな参加者だったが、日本からはクライマー代表としてアンバサダーのぼくが参加することになった。イベントでは、MTBチームとクライミングチームに分かれて2日間フィールドに出た。ぼくは、せっかくなら世界的なMTBメッカとして知られるこの地でその体験をしてみたいという希望もあったものの、結局はクライマーの編集者たちに拉致されて、2日間ともに岩場で過ごすこととなった。とは言え、それが不毛な時間とはなりえないことはもちろん知っている。

【 広大な土地に広がるベアーズ・イヤーズ国定記念物。全写真:横山勝丘 】

続きを読む "ユタの砂漠より" »

#いしきをかえよう

by 佐藤潤一

Ishiki

パタゴニアはミッションに「最高の製品を作る」ことに加えて、「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」ことを掲げています。「環境危機」と一言で言ってもさまざまですが、パタゴニアがとくに取り組んでいるのは、台風の大型化や集中豪雨を引き起こす気候変動問題と、毎日100種以上の生物が絶滅しているといわれる生物多様性の喪失の問題です。その2つを解決するためには貴重な自然や里山環境をまもっていく必要がありますが、その一環として、私たちは2015年より長崎県の石木ダム建設問題に携わってきました。パタゴニアはその建設計画を見直してほしいと考えています。

続きを読む "#いしきをかえよう" »

トランプのでっちあげと真実

By コーリー・ケナ

This-was-bears-ears-1600x883-c-default

12月4日、大統領は皆さんの公有地を縮小しただけではありませんでした。彼は2つの国定記念物を取り消しました。これまでそのようなことをした大統領はいません。それは広く一般に反対されていることであり、前例のないことです。それはまた違法であり、パタゴニアは法廷で彼の行為に異議を申し立てます。

そして大統領は嘘もつきました。以下は彼の演説について事実を確認したものです。

続きを読む "トランプのでっちあげと真実" »

ポイントは永久に

Puntadelobos

最善の日は———それは実際いつものことですが———ミラドーからの景色は人が想像しうる最高に美しいものです。前景にあるサボテンの先には突き出た鼻のような形をしたお城のような城塞が見え、渦巻く海鳥の群れや太平洋から行進してくるスウェルの長い線、そしてそれらが白波となってポイントを叩きつける情景があります。

それはプンタ・デ・ロボスの人たちが何世代にもわたって賞賛してきた景色であり、このチリの海岸にある小さなコミュニティでの暮らしとアイデンティティの不可欠な一部となっていました。しかしすべての美しい海辺の景色と同じように、それはまた近年開発者が待望する場所でもありました。彼らの頭では、どのような海景もタワーマンションの7階から見れば、より素晴らしいからです。

【 プンタ・デ・ロボスはあまりにも希な成功のストーリー。チリ、ピチレム。写真:Jason Murray 】

続きを読む "ポイントは永久に" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.